埋没毛を予防するなら自己処理より脱毛がベスト!

自分の手でカミソリや毛抜きをムダ毛の処理をする女性は多いかと思いますが、これらの自己処理法には幾つかの肌トラブルに発展する可能性があるので注意が必要です。

たとえばカミソリによってムダ毛を深剃りした場合、お肌の角質を削ぎ取ってしまったり傷を付けてしまう恐れがあります。また、毛抜きによる処理はムダ毛を無理に引き抜く事で毛穴の奥が傷付いたり炎症を引き起こす可能性が高くなります。さらに毛抜きによる自己処理は皮膚の中でムダ毛が成長してしまう「埋没毛」を引き起こすリスクが高いのでカミソリによる自己処理以上に避けた方が無難です。ただし、カミソリによるムダ毛の処理でも皮膚の表面を傷つけてしまうとそこに出来たかさぶたが毛の成長を阻害する事で埋没毛を生みだす可能性があるので注意が必要です。
(参考:http://clinic.e-kuchikomi.info/datsumo/G_3000729/pref_12/area_ss11)

埋没毛は一旦、起こってしまうと毛穴の中でムダ毛が成長を続けていき、まるで蛇がとぐろを巻いたような状態になります。皮膚の表面から見るとその部分だけが黒々としているため、見た目を著しく損なう事にもなってしまいます。ひとたび埋没毛を発症してしまうと治すためには皮膚科を受診して対応するしかないので、埋没毛にならないためにもカミソリや毛抜きによる自己処理は極力避けることが大切です。もしどうしてもムダ毛の処理を行いたいのであれば、脱毛サロンや美容外科クリニックのような専門施設でお肌への負担やリスクがほとんど無い「光脱毛」の施術を受けるのがオススメです。