自己処理による色素沈着が嫌なら脱毛しよう!

女性にとってムダ毛とは美を追求する上でもっとも厄介な「障壁」のひとつであり、常に自分の手で処理しなければならない面倒な存在として広く認識されています。

ムダ毛の自己処理の方法としてカミソリで剃ったり毛抜きやワックスで抜くなどの方法だけでなく、最近では除毛クリームや脱毛クリームといった薬剤を使ってムダ毛を溶かしたり、脱色剤でムダ毛をブリーチする事で目立たなくするといった処理方法も出てきています。しかし、昔から現在まで広く普及しているのはやはり先に述べた「カミソリや毛抜きを使った剃毛・抜毛」です。ただ、カミソリや毛抜きによる自己処理にはさまざまなリスクが潜んでいるのであらかじめ把握しておく事が大切です。
(参考:http://clinic.e-kuchikomi.info/datsumo/G_3000729/pref_12/area_ss11)

まず、ムダ毛をカミソリで処理する方法にはお肌に傷をつけたり角質を削り取ってしまうリスクが潜んでいます。また、毛抜きにも同様にムダ毛を無理に引き抜く事によって毛穴の奥で炎症を引き起こしたり、埋没毛などのリスクが潜んでいます。しかし、これらの肌トラブルの先には「色素沈着」といったさらなるトラブルも潜んでおり、むしろこちらの方が女性にとっては厄介な問題となります。

色素沈着はカミソリや毛抜きによって起こった肌トラブルから皮膚が回復しようとする働きによって生まれます。そのため、自己処理を続ければ続けるほど色素沈着が解消するまでに時間や年月を要する事になります。このような色素沈着のリスクを回避しながらムダ毛を処理したい場合、サロンやクリニックで「光脱毛」の施術を受けてお肌の負担やリスクを最小限に抑えながら脱毛するのがベストです。