脱毛しながら食事療法で色素沈着を改善!

現在の日本では自分の毛によってムダ毛を処理する女性が大半を占めていますが、自己処理を行っている女性はすぐに中止して「脱毛サロンや美容外科クリニックなどの専門施設」を訪れ、脱毛の施術を受けることをオススメします。

何故ならカミソリや毛抜きといった処理グッズを使って行う自己処理ではお肌を傷つけたり炎症を引き起こすリスクが伴うだけでなく、傷や炎症が治った後に「色素沈着」を引き起こすリスクも潜んでいるからです。色素沈着は傷から回復しようとする皮膚の細胞が防御反応としてメラニン色素を皮膚内で大量に放出する事によって起こる症状のことでです。色素沈着が起きると傷跡や皮膚の黒ずみ、毛穴に黒いブツブツが出来るといった症状が現われて素肌の見た目を著しく損なう結果になってしまいます。

そのため、ムダ毛の自己処理を行っている人はすぐに中止して、お肌を傷つける事なく安全かつ確実にムダ毛を取り除くことが出来る、サロンやクリニックでの「光脱毛」を受けるべきなのです。ただ、既に出来てしまった色素沈着に関しては脱毛しながら「食事療法」によって改善を目指していく必要があります。既に出来てしまった色素沈着を改善するのに効果的な栄養素としては「ビタミンC」と「ビタミンB群」、そして「ビタミンE」が挙げられます。

ビタミンCはメラニン色素を作るチロシンと呼ばれる物質を抑制して色素沈着を防ぐ働きがあります。ビタミンB群には身体の代謝を促進する働きがあるので、色素沈着の原因でもあるメラニン色素の排出を促してくれます。また、ビタミンEには血液循環を盛んにする働きがあるので、摂取する事によって表皮のターンオーバーを活性化してメラニン色素の排出を促してくれます。



町田でレーザー脱毛情報を利用しましょう。