黒いブツブツが嫌なら自己処理を止めて脱毛しよう!

春先から夏の暑い季節になると途端に素肌を露出する機会が増え始め、女性の間では自分の手によってムダ毛を処理する動きが活発化します。女性がムダ毛の自己処理を行う場合、そのほとんどがカミソリや毛抜きを使った剃毛か抜毛になりますが、これらの自己処理法はお肌へのリスクが非常に高いので出来る事なら避けた方が無難です。
カミソリや毛抜きを使った自己処理に潜むお肌へのリスクには幾つかありますが、中でも埋没毛による「黒いブツブツ」が出来てしまうトラブルは非常に厄介な問題として広く認識されています。

埋没毛とはカミソリや毛抜きを使った自己処理によって傷付いた皮膚がかさぶたとなり、毛穴の表面を塞いでムダ毛の露出を妨げる事によって引き起こされます。皮膚の表面に露出できなくなったムダ毛は皮膚の中で成長を続け、まるで蛇がとぐろを巻いたようになります。埋没毛が発生した毛穴は外から見ると黒いブツブツが出来たように見えるので、著しく見た目を損なう結果になってしまうのです。

こうした埋没毛による黒いブツブツを回避するためには何よりもかず「カミソリや毛抜きによる自己処理を止める事」が有効な対策となります。そしてムダ毛をキレイにしたいのであれば、脱毛サロンや美容外科クリニックのような専門施設を訪れ、ムダ毛を毛根から細胞レベルで破壊しながら永久脱毛が目指せる「フラッシュ脱毛」や「レーザー脱毛」といった専門的な施術を受けるのがベストな選択と言えます。



(参考:町田市の医療脱毛・レーザー脱毛おすすめ病院ランキング | 美容医療の口コミ広場)