自己処理後のニキビを防ぐには脱毛が有効!?

ムダ毛を自分の手によって処理している女性は多いですが、カミソリや毛抜きなどを使って処理を行うとさまざまな肌トラブルを引き起こすリスクが高くなるので避けた方が無難です。

最近では格安で脱毛が行えるエステサロンや美容外科クリニックも増えてきていますので、どうせムダ毛を処理するのであれば永久脱毛が目指せる「専門施設での光脱毛」を受けることをオススメします。
サロンやクリニックで行われる光脱毛では、メラニン色素に反応する特殊な光をムダ毛に照射して毛根を細胞レベルで破壊していきます。ムダ毛の成長を支える組織や細胞がダメージを受けると体毛への栄養供給がスムーズにいかなくなり、結果的にムダ毛が生えてこなくなるというわけです。そのため、サロンやクリニックで脱毛を繰り返していけば将来的にはムダ毛の処理に掛かる手間やコストを大幅に削減することが出来るようになります。

しかし、ムダ毛の処理をカミソリや毛抜きなどで続けていると「毛嚢炎」と呼ばれる肌にきびを発症するリスクが常に付き纏うので注意が必要です。毛嚢炎とはカミソリや毛抜きでの処理が原因で出来た傷から雑菌が入り込み、処理を行った場所にニキビのようなものが出来る症状の事です。毛嚢炎になると皮膚科を受診して治療を行う必要があるので、余計なお金や時間を費やす事になってしまいます。こうした出費や時間の浪費を回避するためにも、将来を見据えて早い内にサロンやクリニックで脱毛を始めておくのが利口な選択と言えます。